コンセプト

Concept

和紙と菓子。

 

この二つが組み合わさって
生まれたのが「和菓紙」です。 

 

日本の伝統的な和菓子の木型を
和紙で型取り、
新たな現代アートとして生まれ変わらせました。

 

和菓「子」ではなく、
和菓「紙」ですから、食べられません。

 

目で見て甘みを感じてください。

素材は西の内紙

独特の光沢と強くしなやかな風合いは、原材料とする紙に訳があります。
「西の内紙(にしのうちがみ)」と言って、茨城県を産地とする手漉きの和紙です。江戸時代、徳川光圀(とくがわみつくに・いわゆる水戸の黄門さま)により和紙の生産が奨励された中で誕生したもので、楮皮(「こうぞ」という木の皮)の繊維だけで作られています。その風合いは絹にも例えられ珍重されてきたそうです。しかし現在、その製造技術を継承するのはわずか2軒のみ。茨城県の指定無形文化財であると共に、記録作成等の措置を講ずべき国の無形文化財にも選ばれています。

原型は記憶

和菓紙三昧の形は、「祝いのきもち」の象徴です。日本には、七五三や結婚、長寿の祝いなど、古くから伝わる通過儀礼があります。かつては、それらの慶事の場に、「我が子が健やかに育ち、長生きできるように」といった、人々の想いや願いの込められた和菓子が、数多く捧げられてきました。鶴や亀、松竹梅など、縁起のいい動物や植物をモチーフに、日本各地で祝いのきもちを託された和菓子がつくられていたのです。これらの祝い菓子をつくる木型から、個々の和菓紙は起こされます。和菓紙三昧は、「KIOKUGAMI」と名付けられた作品シリーズのひとつです。「記憶」という個人の心象風景や社会の辿った歴史などの、それ自体としては目に見えないものを見えるものとして、紙を媒体にして写し取ることから「記憶の紙」と呼ばれます。それは、和菓紙のみならず、例えば、機械や道路、樹木などを型として、その記憶が転写されたこともありました。和菓紙三昧によって吸い上げられた記憶が語るのは、祝い菓子をつくり続けた菓子型の、モノとしての存在の時空とそれを巡る人間の物語です。これらが、和菓紙三昧の原型です。

和菓紙三昧のヴィジョン

個性ある和菓紙たちのキャスティング、季節を意識した視野、仮想の設定のもとに構築された世界。それらいくつもの「記憶」の合成と、作家自身の創造性が重なり、ここにあらたなヴィジョンが現れます。そして、それを効果的に演出するのが光です。光は、和紙の繊維の隙間を通り抜けます。そこからほのかに輝きが発せられ、表層の浮き彫りが影響し合い、幻想的な陰影が生み出されます。その風情は、石像や木像彫刻とは異質な、独特の趣きがある、夢の中に誘う様な白く眩しい色を放っています。菓子木型一つひとつに集積された思いや願いが、時間の経過によって感光され、光の中に拡散していくからかもしれません。この白さ、作家自身の言葉では、「記憶の中に白く輝く心のオブジェ」と表現されています。

作品に白が多い理由

作品は水面のような表皮のイメージから来ています。本来は無色のイメージが近いのかも知れませんが人肌に近く有機的で型取りに適した西ノ内紙と云う素材が白いからです。

和紙は光を反射もしますが透過したり乱反射したり溜めたりします、そして軽く千年保つと云われています。和紙が創りだす陰影もその質感との相乗効果で様々な表情を見せてくれます。この和紙の「白」が新鮮で清らかで神聖な無心に帰るような浄化のイメージや見事、立派、善良などおめでたい祝いのイメージに結びつき幸せな喜びの「美」を自然に創りだしてくれます。「美味しそう」という幸せな感じも。

和紙について

和菓紙三昧に使用されている和紙は、茨城県で生産されている和紙(西ノ内紙)です。
和紙の原料は「楮・三椏・雁皮」の3つでその内、楮のみを使用しています。

西の内紙は現在2軒でのみ生産されており、そのうち「紙のさと」で漉かれたものを使用しています。
現在は代替わりして菊池大輔さんが和紙を漉いており、何割かの楮の苗も自分たちで育て、生産しています。

職人の菊池正気さん曰く、西ノ内紙の特徴はシルクのようにしなやかで艶があり、強靭。
1000年保つとのことです。

現在市販されている和紙のほとんどが和紙の原料に洋紙の原料の木のパルプを混ぜ込んだものなので純粋な和紙ではありません。これらの和紙は経年変化によって黄ばみます。しかし、西の内紙のような純粋な和紙であれば黄ばむことはありません。

本来の和紙は最初は生成り色をしており、それをあえて日光に当てる(晒す)ことで白くなります。

和菓子と木型について

和菓紙三昧ではお菓子の木型を使用して作品を制作しています。
もともと落雁・練りきり・金華糖に使用されていた木型で、結婚式を始めとする多くのお祝い事や行事の時に作られました。
そのため、彫られている柄もどれも縁起のいいものばかりです。

木型は全国の北海道から九州まで、骨董屋やお菓子屋さんを回って集めました。
今では2000丁ほどの木型が集まっています。

木型の柄は縁起がいい

彫られている柄は、最も多いもので鯛、
それに続いて鶴、亀、松竹梅、花や果物など様々です。
その一つ一つが色々なお祝いの意味が込められております。
例えば、昆布はよろ”コブ”ですし、蓮根は穴があるので先を見通す。
ぶりは出世魚なので出世。海老は長寿などなど

ここでは柄別に作品をご紹介いたします。

鯛はおめで“たい”

日本で縁起のいい柄の定番といえば”鯛”です。
「おめでたい」との語呂合わせから正月や結婚式などのお祝い事では定番です。

鯉は出世

中国では鯉は竜門の河を上って龍になるという言い伝えがあります。それが鯉の滝登りや、登竜門の語源です。なので、鯉には出世の意味があり、日本では鯉のぼりとしてこどもの日に鯉ののぼりをあげます。

鯛や鯉以外にも多くの魚がモチーフになっています。カツオは当て字で勝男と書いて縁起がいいのと、ブリは出生魚なので縁起がいいです。 この他にも平目やホウボウ、マグロ、ふぐなどがあります。

鶴と亀

鶴と亀は長寿

亀は千年生きると毛が生え、5千年生きると神亀になり、1万年生きると霊亀になると、中国の『述異記』書かれており、 そこから、鶴は千年、亀は万年と長寿を象徴する存在になっている。 鶴と亀は仙人の乗り物とされ、仙人の住む蓬莱山に棲んでいる。

桜を始めとした多くの花が木型のモチーフになっています。 他には、菊、牡丹、藤、桔梗、紫陽花、朝顔、木蓮などが多いです。

おせち

おせちの具では、かまぼこ、伊達巻、昆布巻き、こんにゃく、くわいが多くモチーフになっています。

宝船

日本では宝船の上に七福神と一緒に打ち出の小槌、隠れ蓑・隠れ笠、宝珠、蔵の鍵、暴れ熨斗など宝物が多くのっています。 それらの宝物や、小判、鏡、刀なども多くあります。

和菓紙三昧に込められた「祝いの記憶」について

「祝い」がテーマになったというよりモチーフが縁起菓子の木型になったことで、その記憶が祝いだったこともあり、「祝い」はひとつの重要な要素となりました。

「おめで鯛」に代表される日本全国に広がり浸透したこの風習は「物事がうまくいきますように。」という日本人の「願い」が込められています。
様々な人々や自然の季節や環境との縁をうまく結んで願いが結実しますように、嬉しくありたい、喜ばしいという心根が全ての縁起菓子に共通した存在意義です。
その想いの記憶を写し取り作品として成立させることは喜びや期待の増幅というひとつの「美のかたち」ではないかと思っています。

様々な柄の木型から和紙で型取った表皮のピースを立体化し、連結させ集積、構成してコラージュした作品は一つの集合体としての新しい存在として成立します。今ではその行為は私の喜びとなっています。