よくいただくご質問

Frequently Asked Question

素材は無形文化財の西の内紙という和紙を使用しています。
和紙とは楮・三椏・雁皮を原料とする紙のことです。
1971年には、茨城県教育委員会により西ノ内紙は茨城県の無形文化財に指定され、1977年には、文化庁長官により西ノ内紙が記録作成等の措置を講ずべき無形文化財に選択されています。
西の内紙は那須楮100%の手漉き和紙です。
シルク(絹)のような光沢としなやかな柔軟さを持ち、なおかつ繊維が強靭です。
また、楮の繊維100%なので日光で黄ばみません。

吊り飾りの作品のほとんどは和紙で出来ているため、ひじょうに軽量となっており、1000×1000mmのサイズの作品でも重さは100g前後です。

額飾り、楯飾りに関しては木材を使用しているため、その分重くなっています。

和菓紙三昧の作品は落雁や最中のように見えますが、和紙で出来ているため食べることは出来ません。目で見て味わって下さい。

基本的には、白く輝く和紙に光を当てた時の独特な陰影の効果で浮き上がる見せ方を重視しています。ですから、白の作品が多いです。

和菓紙三昧の作品は和紙を5〜6層重ねています。
色のついた作品は染色された和紙を白い和紙の間に挟んで型取りしています。
重ね方を変えることでグラデーションやにじみ、ぼかしをつけています。
色のついた作品は裏側からの作業なので、型から取り外すまでは、どのようになっているのか、表側を見ることが出来ません。

機械では行えない創作作業のため、作品はすべて手作業で制作しています。

日本では落雁やお干菓子、練りきり、金華糖を作る際に使う木型のことです。江戸期から昭和にかけて様々なお祝い事の時にこれらの祝い菓子が作られました。
修行を重ねた木型職人が制作し、各地方でオリジナリティが垣間見えます。

和菓紙三昧は作家永田哲也によるアート作品(コンセプチュアルアート)です。アートは希少性に価値があります。同じものをたくさん創ることはかえって価値を下げることになる点で、伝統の継承や技術性に重きのある工芸や民芸品、あるいは工業製品とは異なります。
工芸や民芸品は今まである技法や産地のものを踏襲しますが、
アートは今までに無い全く新しいものを創ります。その点が大きく異なります。

型は自作ではなく、全て江戸期から昭和期にかけて実際に使われていた和菓子の木型のみを使用しています。

昔の人々の祝った気持ちや、木型を彫った人々の記憶を型取ることが大きな要素となっているためです。

日本全国の和菓子の木型を集めて、和紙を濡らして何層にも重ねながら立体版画のように丁寧に型取っていきます。

一つ一つの型取った和紙の裏面に2双紙(2枚分の厚みの和紙)をはって制作の「時」の封印をし、接着します。次に周囲をカットして一つ一つのユニットが完成します。

様々なユニットを組み合わせて集合させ、大きな作品を構成していきます。

壁にかける大きな作品は、取扱店やギャラリー、または作家からご購入ができます。
詳しくはこちらからご覧ください。

 

小物の作品につきましては催事や取扱店、オンラインストアでご購入出来ます。

 

KAUNIS

ふくろう東京

飯沼本家: 甲子正宗

SPIRAL ONLINE STORE

虎ノ門ヒルズにあるホテル「アンダーズ東京」のエレベーター内をはじめ、ビルのフロントや飲食店の店舗で実際に納めてある作品を見ることが出来ます。

 

また、年に何回か行われるギャラリーの展覧会やデパートなどでの催事で見たり、購入も出来ます。

作品のサイズによって変わりますが、例えば1m×1mの作品をオーダー頂いた場合、3ヶ月〜6ヶ月ほどかかります

様々な分野の方々、老若男女問わず多くの方々にご購入頂いております。著名な方々や文化的な方々にご愛顧いただいております。

作品は個人のご自宅に飾るためや、新築・開店祝い、日頃お世話になっている方へのプレゼント。また、海外の方へのプレゼントにお求めになる方も増えております。

 

ホテルやマンション、飲食店の店内を飾るためなどにもご利用いただいております。一度作品をご購入されると作品を気に入り、リピーターになる方も多いです。

作品をご注文頂いた場合、額装することも可能です。(外注して制作します)

 

その場合は作品本体の納期+追加で額装の納期(約3週間)がかかります。額の種類は額フレーム付きの額装と、アクリルのみで囲う額装などがあります。

 

お気軽にご相談ください。

日光にあたっても作品は黄ばみません。

 

作品の素材は楮のみを使用した和紙を使っています。

 

楮は洋紙の原料の木のパルプとは異なり、黄ばむ成分が殆ど無いため黄ばむことはありません。むしろ和紙は日に晒されて白くなります。

和菓紙三昧の作品は落雁などの和菓子の木型から直接かたどっています。

和菓子を作り続けるうちに和菓子の成分が木型に染み込みます、その染みこんだ成分が今度は和紙が吸い取ります。そのために少しクリームがかった色をしているものがあります。

 

同じ木型で2回、3回と型取っていくと段々白くなります。

 

一版目が貴重というお客様もいらっしゃいます。

和菓紙三昧の作品は和紙でできているので湿度の影響を受けますが、和紙は呼吸をするので、一度湿気を吸っても、空気が乾燥すればまた吐き出します。

 

そのため、お風呂場の近くなど常時湿度の高いところでなければ大丈夫です。

 

また、作品に使用するのりの中に防腐防カビ剤を入れていますのでカビにも強いです。

和紙自体は静電気が立ちにくいのでホコリは吸着しにくいですが、とはいえ立体ですので上の面に多少積もります。1〜2年に一度、柔らかい刷毛でホコリを払えば大丈夫です。

たばこや油の煙の心配のある場所では、作品の額装をお薦め致します。

作品は和紙が5~6枚重なっているので強度があり、ある程度は大丈夫ですが、中が中空になっているので、強く押したら凹んでしまいます。

 

なので、公共の建物内に設置の場合、心配であればニッチへの設置や額装等の工夫が必要な場合もでてきます。

 

これは芸術作品(絵画、彫刻等)に対するモラルの問題も多分に含んでおり、作品保護の点からも、直接手で触れないことがマナーとされています。